カフェに行くとデカフェ、という名前を見かける事があります。初めての場合デカフェとは?と疑問に思ってしまいますが、これはカフェインレスのコーヒーのことを言います。通常のコーヒーにはカフェインが入っていますが、コーヒーからカフェインを抜いたものがデカフェなのです。コーヒーはカフェインを取りたいから飲むのでは?と思ってしまいますが、カフェインだけでなく香りや味を楽しみたくて飲む人も多いのです。

カフェインをあまり摂取したくない健康志向の方や妊婦さん、授乳中の方などに多く利用されているのです。海外では比較的一般的なコーヒーなのです。デカフェは100%カフェインが入っていないのではなく多少は残ってしまいます。海外には99.9%カフェインを抜いたコーヒーのみという基準がありますが、日本ではしっかりとした基準はまだないのです。

ではどうやってカフェインを抜くのかと疑問に思ってしまいますが、いくつかの方法があるのです。有機溶剤を使って除去する方法、水を使って除去する方法、また二酸化炭素を使って除去するなどの方法があるのです。除去方法によってはコーヒー本来の風味が失われてしまうと言われていますが最近では進化しており、それほど風味が失われなくなっているのです。大手のコーヒーショップのほとんどで取り扱っており、コーヒー豆を購入することも可能です。

コーヒーの香りにはリラック効果があるため、病気や妊娠などから通常のコーヒーが飲めない人もデカフェが癒しを与えてくれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *