デカフェとは本来カフェインを取り除いた飲食物のことですが、カフェインレスコーヒーを指すことが殆どです。日本国内において欧米系コーヒーショップはすっかりお馴染み、隣のカウンターでデカフェを注文しているのを一度は耳にしたこともあるかもしれません。カフェインは嗜好品ゆえ、とかく悪者にされてしまうイメージがあります。子どもにはコーヒーを飲ませるな、このセリフがカフェインのマイナスイメージを物語っています。

これは交感神経の高まりからくる不眠や利尿作用からきています。更に妊娠中はカフェインの効き目がより強くなるとも言われており、流産との因果関係も否定できません。欧米の健康志向市場ではカフェインレスのコーヒー・紅茶が幅をきかせています。かつてのカフェインレスコーヒー・紅茶は、これらの最大の特徴であるアロマのパンチに欠けていて、味や口当たりにも影響を与えました。

しかしながら現在はCO2超臨界流体でのカフェイン抽出が主流、カフェイン以外の成分は極力残るようになりました。ゆえに美味しい風味はそのままにデカフェでも普通の1杯と遜色なく楽しめるようになったのです。さて、興味が出てきたところで街中のカフェで実際にその美味しさを試してみましょう。ちなみに欧米系コーヒーショップでも女性の多い職場や病院などに併設の店舗ならば、デカフェオーダーにかなり慣れています。

味の違いを知りたい向きにはコーヒープレスの注文がオススメです。プレスすることで豆のエキスが凝縮され、アロマの弱さは充分補えます。抽出には時間がかかりますが香り豊かな美味しいコーヒーに出会えます。もちろんシロップ・クリームやミルクとの相性も抜群です。

何も知らない人にはこの一杯がデカフェとは気付かれません。健康志向ならずともカフェイン摂取が気になる人は何杯かの内、こんなヘルシーな1杯はいかがでしょうか。オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *