コーヒーマシンを自宅用に購入したいとお考えの方もいらっしゃると思いますが、機種の種類は非常に多いので、迷うことも多いでしょう。

その中でも、ドリップ式のコーヒーマシンは、コーヒー豆を使ったり、粉末状のコーヒーでコーヒーを淹れる際に役立つ機種です。挽いたコーヒー豆をコーヒーマシンにしっかりセットして、水タンクに一定量の水を入れて抽出を開始すると、お湯が沸いてドリップコーヒーが淹れられます。こうしたドリップ式のマシンの中でも、ミル無しのタイプとミル付きのタイプがあります。これらの違いは、単にミルがマシンに備わっているかどうかの違いだけです。

ミル無しのタイプは、ミルがマシンに付いていないため、粉末状のコーヒーで淹れるか、豆から挽きたいなら別途でミルを買う必要があります。このタイプなら2、000円程度から購入することが可能です。また、マシンを置くスペースもあまり取らないので、気軽に導入しやすいのもメリットです。一方、最近登場しているミル付きタイプは、全自動でコーヒーを淹れるタイプが多くなっています。全自動でコーヒーを淹れることができますので、コーヒー豆をマシンへ投入し、タンクに水を注いでスイッチをオンにするだけで、後はコーヒーマシンがコーヒーをドリップしてくれるので簡単です。メッシュのフィルターであれば、淹れる度に紙フィルターをマシンにセットする必要もありませんし、抽出する前の水を使用してミルを洗浄できるタイプもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *