コーヒーマシンというと電気式がイメージされるものの、他にもコーヒーメーカーは存在します。

マシンというには少し違和感があるものの、ハンドドリップに利用する物もコーヒーマシンの一つです。古くから営業している喫茶店もしくは特に拘りを持っているお店で採用されているのがサーバーに対してドリッパーを備え付けて注ぎ口が細いケトルで静かにお湯を落としていく方法です。レギュラーコーヒーを淹れる場合には基準と言われることもあるほど一般的です。この方法が優れているのは、たとえサーバーが存在せずともドリッパーさえ用意することができたら好きなカップに注ぐことができるという点です。また、近頃は自宅でもフレンチプレス式を採用するために専用のコーヒーマシンを買い求める方が多いです。

実はフレンチプレス式というのは、世界各国に存在しているプロがテイスティングを行う時に採用します。抽出した物のバランスが良い上に特殊な技術を持っていなくても誰でも容易に本格的な味が出せます。使い方も簡単で、必要容量のお湯を静かに入れた後に4分程度待機しゆっくり力を入れて押し下げていくだけで良いのです。実は、日本人にとっては紅茶を作る時に古くから使われていたので馴染み深いという背景もあります。さらに、エスプレッソを作ることに特化しているコーヒーマシンも人気です。水とコーヒー粉を入れた後はコンロなどで火にかけるだけで簡単にエスプレッソができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *