コーヒーカップを美しく持つためには、取手には指を通さないようにします。

相手に中指~薬指を揃えて見せるのが上品な持ち方で、空いた手を軽く添えるのは禁止です。コーヒーは熱い飲み物なので、熱くても持ちやすいようにと取手が付いています。そのカップに手を添えてしまうと、コーヒーがぬるいとアピールすることになり失礼です。片方の手はソーサーに置けば自然で、ソファに座っている時はテーブルが遠くなるのでソーサーを胸の位置に持ってくると良いです。ティースプーンはコーヒーカップの向こう側に置き、最初の一口はミルクや砂糖を入れません。

コーヒーは芳醇な香りが魅力的なので、苦いのに慣れていなくても最初だけはブラックで飲みます。18世紀初めにヨーロッパの貴族の間で使われていたコーヒーカップは、中国や日本の陶磁器に取手を付けたものでした。これらの陶磁器は図柄に精巧な細工が施されているので、コーヒーカップを出す人は相手に図柄がある方を見せるように置きます。無地の場合は取手の場所は決まりがありません。ただ出されてブラックのまますぐに飲むという合理的な考え方を重視すれば、取手は右になります。これはアメリカ式で、礼儀作法を重んじるイギリス式もあります。イギリス式では砂糖やミルクをティースプーンで混ぜる時に音が鳴らないようコーヒーカップを安定させなければなりません。よって取手は左側にあるべきです。これらは飲む人が右利きという前提なので、飲む人によって対応します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *