コーヒーカップの大きさや素材にはある特徴があります。

容量の大きさは120ml~140mlのレギュラーカップと180ml~250mlのマグカップ、300ml~500mlでカフェオレ専用のカフェオレボウル、エスプレッソのための40ml~60mlのデミタスカップの4種類に分かれます。コーヒーが最も美味しくなるのは70度前後です。コーヒーカップは紅茶専用のティーカップより厚く作られています。しかし少しぬるめやアツアツが好きなど、個人によって淹れ方が変わります。そのためそれぞれ厚みの調整しており、70度前後の淹れたてを飲みたい人はできるだけ厚みがあるもの、火傷しやすい人は少し薄めのものを選ぶことで冷めるのを長い時間待つ必要がなくなります。熱いコーヒーを飲みたい時は、事前にカップをお湯で温めるのも効果的です。

コーヒーカップに用いられる素材は、コーヒーの味も変えてしまいます。陶器や磁器、ガラスが非常に多いです。陶器の表面はデコボコしているので、いつまでもコーヒーが温かく味に丸みがあります。磁器は表面がなめらかなので、口に含んだ瞬間にコーヒーの豊かな香りが広がります。ガラスは味をあまり左右しない素材なので、ヨーロッパで広く流通しています。耐熱ガラスなのでコーヒーカップを温めるのに熱いお湯をかけても問題ありません。他にもステンレスやホーロー、アイス専用で銅など様々な素材があり、触った印象や味の好みによって選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *