コーヒーカップには高級ブランドがたくさんあり、王室御用達などで世界中に知られています。

ウェッジウッドは、イギリスで最大級の陶磁器メーカーの一つで、古代ギリシャや古代ローマを意識したデザインと商品名が特徴的です。高級感を漂わせるデザインで、3つの製法が存在します。ボーンチャイナは牛の骨を混ぜた美しい白磁で、強度もあるので最も人気があります。

クイーンズウェアはシャーロット王妃にも献上したことがあり、1765年に名前を使うことが許されました。質の良い年度のエナメルを使い、クリーム色をしています。ボーンチャイナよりもリーズナブルな陶器です。ジャスパーウェアは、磁器に近いしつかんで実用性とデザインの両方で高いランクを極めています。表面がざらついていますが、使うごとにツルツルになります。

コーヒーカップにはリーシェイプやデルフィー、インペリアルシェイプがおすすめです。マイセンはドイツの高級陶磁器ブランドで、世界最高峰の質の高さで有名です。マイセンマークである2本の剣がコーヒーカップの裏に一つずつ手書きされています。絵付けそのものが手書きなので、カップによって絵柄の場所や形、色合いなどが違います。同じ商品名のコーヒーカップでも全く同じものは存在しません。プレミアム感がありお客様に出しても恥ずかしくないです。ハンガリーのヘレンドも手作りで、ヴィクトリア女王やハプスブルク家などヨーロッパの上流社会で愛されてきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *