コーヒーが好きで一日に何杯も飲んでしまう人は、お店でその都度購入するより、コーヒーメーカーを使って自宅で淹れた方がお得です。

飲食店で本格的なコーヒーを飲もうとすると、400円程度の出費を覚悟しなければなりませんが、自宅で作れば100円~200円のコストで上質なコーヒーを飲むことができます。市場に流通しているコーヒーメーカーの性能や価格帯は様々です。10000円を切るお得なタイプもありますが、最も人気なのはコストパフォーマンスに優れた30000円代のタイプです。中には数十万円もする高額な製品も存在しますが、よほど強いこだわりがない限りは数万円の製品で十分です。

高価格の製品は豆の挽き方や調理可能なコーヒーの種類が豊富な傾向があります。カフェで屈指の人気を誇るエスプレッソやカプチーノを作れるコーヒーメーカーは、そうでない製品と比べて価格が高めに設定されています。コーヒーメーカーを購入する前に確認しておきたいのが製品の構造です。製品の衛生環境はコーヒーの味にも影響を与えます。

購入前に必ず実物を見て、洗浄・手入れのしやすいものを選びましょう。どの程度分解して洗うことができるかを、店員に聞くなどしてしっかり把握します。豆を入れる箇所やポット、給水タンクは常に清潔にしておくべき部分ですが、給水タンクを外せないタイプの製品がいくつか存在するので注意が必要です。手入れが面倒だと楽しさが半減してしまいます。価格や性能だけでなく、手入れのしやすさもきちんと確かめましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *