昨今の日本のコーヒー消費量は増加し、お店で飲む以外にもコーヒーメーカーで作る人が増えてきています。

コーヒー豆からこだわり、味と香りを楽しむためにコーヒーメーカーを購入する人は多いようです。ひとり暮らしだと大量に作る必要がないため、インスタントで誤魔化すこともあるかもしれませんが、やはり物足りないと感じる人は少なくありません。そこで、量を少なくして作ることができるよう、1人用のコーヒーメーカーが最近では主流となっているようです。

1人用なので場所をとらずコンパクト、本体の価格も安く設計されていて、デザインなどもインテリアとして使えるようなものも多くなっています。複雑な機能は省いてカップに直接ドリップできるようになっているのがほとんどで、香りや味を逃さず本格的なコーヒーが楽しめます。抽出する量が少ないことから2~5分ほどと短い時間でコーヒーが抽出できるのもポイントで、よほど大家族で利用しない限りはひとり暮らしでなくても便利と言えます。

1杯用のため内蔵のコーヒーフィルターは専用の小さいものが多く、100円ショップなどで市販されているフィルターが使えないということもあるので、購入時には注意が必要です。使い捨てではなく、繰り返し使えるタイプであれば悩むようなものではないので、コストパフォーマンスを考慮してフィルターや機能などのオプションを確認すると良いでしょう。予め購入するのが決まっているのであればネットショップで購入するのも良いですが、なるべくなら実店舗で商品を手にして選ぶと良いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *