コーヒーはコンビニ、自動販売機、スーパーなどどこでも売っているごくごく一般的な飲み物であり、眠気を覚ますために飲むという人も多いでしょう。

コーヒー好きな人は毎日缶コーヒーを何本も買って飲んでいるという人もいます。しかし、どんなものでも飲みすぎ、取りすぎには注意しなければならないもので、コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれており、これに中毒性がありついつい飲みすぎてしまいがちな飲み物なのです。そんな時に取り入れたいのがカフェインレスコーヒーです。

その名の通りカフェインが入っていないコーヒーにも関わらず、コーヒーの風味を味わえるというものです。コーヒー中毒になっているという自覚がある人は、数本に1本からで構わないのでこのカフェインレスコーヒーに変えることで体内のカフェインの量を調整することができます。しかし、気になるのはやはりその味です。

カフェインレスコーヒーは今まで味が悪いと言われており、やはりカフェインが入っているものに比べるとコーヒーらしくないと感じる人が多かったのですが、最近では種類も増えて味の面でもかなり改善されてきています。ブラック用、カフェオレなどスーパーのコーヒーコーナーを見ると多く並べられています。無類のコーヒー好きでも、実際にカフェインレスコーヒーだと言われて飲まない限り気付かないくらいです。香り、深み共に普通のコーヒーと変化がなければ、中毒性の低いカフェインレスコーヒーに変えてみても良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *