Skip to content

育毛剤の種類と効果について

育毛剤には作用する効果によって種類があります。

男性型脱毛症には男性ホルモン抑制タイプが効果的で、肩こりや冷え性の人には血行促進タイプが向いています。食生活が乱れている人には毛母細胞活性タイプが効き目を発揮し、脂性の人には皮脂分泌抑制タイプが効果的です。また乾燥肌や頭皮が弱っている人には頭皮保湿タイプが向いています。

育毛剤を選ぶ時には自分の症状に合ったタイプを選択するのがポイントです。男性ホルモン抑制タイプは薄毛のほとんどを占める男性型脱毛症に効果があります。このタイプは発毛抑制物質が生み出されるのを抑制します。その代表的ものがフィナステリドを主成分とするプロペシアです。血行促進タイプは頭皮を柔らかくして、毛細血管を拡張することで発毛を促すものです。毛細血管が拡張することで毛乳頭が栄養を十分に吸収でき、毛母細胞が活発になります。市販のほとんどの育毛剤には毛細血管を拡張する成分が入っており、ミノキシジルもこのタイプに入ります。

毛母細胞活性タイプは育毛剤以外にもシャンプーやサプリメントも存在しますので、初心者にも向いているタイプです。皮脂分泌抑制タイプは過剰な皮脂の分泌によって毛穴が塞がれている状態を改善します。余分な皮脂の分泌を抑制して頭皮環境を整えることが目的のタイプです。頭皮は乾燥すると細菌が繁殖しやすくなり、毛根が炎症を起こすことがあります。頭皮保湿タイプは乾燥した頭皮を保湿する効果があります。

チャップアップについてならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *