Skip to content

育毛と発毛の違いとは

育毛は、毛を育てることを指し、発毛は毛を生やすことを指します。

育毛には、発毛作用が明確な成分は含まれていないのが一般的で、今ある髪をしっかりと育てることに重きが置かれているものになります。そのため脱毛を防いだり、フケやかゆみをおさえ丈夫な髪に育てることを目的としています。薄毛対策の商品の多くが育毛剤であるというのは、あくまでも髪を育てることを目的としているためで基本的には発毛効果は実証されていないということになります。

しかし、実際には毛が生えている頭皮の状態を改善することで毛が生えやすい環境を整えるだけでも、それまで発毛しなかった頭皮から発毛する場合もあります。いずれにしても、育毛の場合には毛そのものが生える皮膚を正常にすることを目的にしているものになります。以前は、発毛が実証されている薬剤はありませんでしたが、1990年代の終わり頃から海外で使用実績のあるミノキシジルやフィナステリドなどが使われるようになり発毛剤として販売されています。

発毛剤としてはミノキシジルが配合されたロゲインやリアップが代表的で市販薬として購入することができ、特に国内メーカーが生産するリアップは国内唯一の発毛剤といえるものになります。なお、フィナステリドは内服薬でプロスカーやプロペシアという商品名で販売されていますが治療目的でしか使われないので、国内ではAGA治療などを行っている病院でないと処方されません。

チャップアップについてならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *